2017・05
<< 04 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 06 >>
--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/10/24 (Mon) 手にした切符は片道だ
日曜日(書いてるのは水曜日)に、大阪(河内長野)~和歌山(白浜/椿)のロングライドに行って来ました。

朝8時に河内長野のKさん宅に集合。
今日のメンバーは、Kさん/Kさんの義弟の「お兄ちゃん」/係長/わたくしFJTの4人。
朝の雲行きが悪く、集合したとたんに本降りになり、車で紀見峠を越えて、
一度和歌山側に渡り、九度山からスタートすることになった。

河内長野から九度山まで20km少々ワープ。
kさんは後から追いかけてくれるとの事で、準備が済んだお兄ちゃんと私で走り出す。
紀ノ川沿いを西へ走って、休憩ポイントまで30km程、雨上がりの空気は冷えているが、
日差しが出ると暑く感じる。

淡々とイーブンペースで走っていたら、18km地点でkさんが追いつく。
さすがとしか言いようの無い走り。
あまりの速度差で一瞬にして離されてしまったが、信号でなんとか追いつく。
さぁ、ここからKさんの地獄列車発進だ。

「スイッチ」の入っているKさんは、ゆっくり走っているように見えて高速域をキープ。
私は完全に「ツキ位置」キープで、kさんの走り方から学ぶしかない。
離れたら即迷子なので必死なのもある(苦笑)

なんとか粘ってなんとか休憩ポイントに到着。
ここからkさんが監督車に乗って、係長、お兄ちゃん、私の三人で海南方面へ走る。

さっきの追い込みで少々脚を使ったので、今回サラ脚な係長の後ろで待機。
424~370号線を順調に走って海南市まで出る。
海南市街地で少し迷子&通り雨で雨宿り。

監督車とスマホで位置を確認して再出発。
あとは42号線をひたすら走ってゆく。
スマホ有れば迷子にはならないねぇ。

2011-10-23 -01

有田川沿いで補給&休憩。
スマホで確認すると丁度ジャパンカップがスタートしたようだ。

今回もシューズはフィジークR3を履いている。
シューズのインソールはつま先/土踏まず/踵までの起伏が大きく、
実は最初、一番「違和感」があった部分だ。
しかし、こうしてロングライドで使ってみると、乗車中の「違和感」がない。
この「アーチ」がロングライドで脚を廻すのに役に立っているのだろうか。

途中、数回の休憩を挟みながら、いよいよ紀伊田辺到着。
係長が今日は絶好調なので、よいペースメイクをしてもらった。
ここまでくれば日没までには白浜の少し先の椿に着くだろう。

2011-10-23 -02

丁度、椿に先回りして自転車で戻ってきてくれたkさんに高速で牽いてもらい、
なんとか椿に到着することが出来た。
九度山から此処まで149.7km、皆様お疲れ様でした!!!

2011-10-23 -03

温泉施設で汗を拭い、筋肉をすっかりリラックスできて幸せ・・・
今回は監督車があったが、このコースなら輪行が出来るので、
また来年よい季節になったら走りに行きたいコースである。

誘っていただいたkさん、本当に有難うございました。
今後とも宜しくお願いいたします。

[ ↓ Click Please ]
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 自転車ブログ
関連記事

comment

九度山~紀伊田辺だと、高野山~護摩壇山~龍神~田辺のルートも良いですよ。
観光ルートかもしれませんが、景色が最高でした。
2011/10/31 13:35 | たぬき [ 編集 ]

>たぬきさん

毎度です~
海岸線ルートを走ったんですが、追い風基調だったこともあり、
アベ30を切らない超高速列車でした。
今度はそちらをチャレンジしてみます。
あ、リア27H組み込んだほうがいいかもですね(苦笑)
2011/10/31 17:19 | FJT1968 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://seriousgraphics.blog40.fc2.com/tb.php/366-f0c0d522

プロフィール

FJT1968

Author:FJT1968
1968年式/旧型エンヂン搭載、グラフィックデザイナー。まだまだ頑張ります。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。