2009・08
<< 07 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 09 >>
--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/08/30 (Sun) 歪む八月の太陽に陽炎は踊る
8月の週末は距離を走れなかった割には、
平日のほとんどを走っていたので、体は鈍らずにすんだ。

しかし、早くも3週間後に迫ったスズカ10耐へ向けて、
9月は距離+時間を延ばしつつ気合入れなおして走りたい所。
レースといっても耐久レースなので、
残りの週末を使って、じっくり「耐えれる」走り方をしないとねぇ・・・



↑MERAKのコンポは以前使っていた105。
DE ROSAでシマノ組は反則(苦笑)なのかもしれないが、走るには無問題。
一部可動部に「下町のマイクロロン」ことKURE556を週1吹いていますが、今までに無い程の快適シフト。
マメにメンテナンスすれば、ストレスフリーに一層の効果有り!これはイケル!!と思う。
(自己の責任の元において使用してください(苦笑))
CAAD9ともホイールを共有しているし、コレが自分ベスト仕様です。


にほんブログ村 自転車ブログ←Click Please!

2009/08/24 (Mon) 未来の自転車マンをスカウト?
今朝のジテツーで久しぶりにパンク・・・
T王寺公園から四T王寺へ向かうあたりで後輪から、
「シュー・・・」という音と共に空気が抜けていった。

四T王寺の交差点付近は歩道も広いし、日陰もあったので其処で修理し始める。
タイヤはミシュランPRO3、チューブはミシュランラテックス。
乗り心地最高の組み合わせで、なにより本体もコスミックエリートより軽いので、
ここ4カ月程こればかり履いて通勤していた。

通勤路の路面は比較的綺麗なので、今までパンクした事はジテツー6年目で2回しかなかったが、
今朝で通算3回目となってしまった。

タイヤ表面には傷もなく、指で表裏さわっても異物もなかった。
空気も朝7br入れたし、今までと何も変わらないんですけどねぇ?
外したラテックスチューブに空気を入れると、空気は漏れてくる。
やはりリム打ち?なんだろうか。

予備で持っていたミシュランの厚手ブチルゴムチューブに交換していると、
小学生とおぼしきサッカー小僧がまわりに集まってきて、
一通り作業を見物していたかと思うと、質問攻勢が始まった。

その靴は何やの、ヘルメットは何やの、タイヤは何やのと色々聞いてくる。
サッカー小僧と言いながら、自転車に興味津々なのはわかったので、
「もしサッカーに飽きたら自転車に乗って世界を目指せ!」と言っておいた。

こうして未来の自転車選手を育てる運動を地道に続けているが、はたしてどうなる事やら(笑)


にほんブログ村 自転車ブログ←Click Please!

2009/08/22 (Sat) ポジション統一


ようやく希望の長さ・角度のステムが手に入ったので、
今週のジテツーから使ってます。
これでCAAD9とハンドル~サドル位置がほぼ同じになりました。
ハンドルの地上高は、MERAKのほうが数ミリ高くなりますが、
違和感なく乗っています。

090822-2.jpg

格安ステム(100mm/80°/実測152g/ボルト込)ですけど、今のところ不満・不安無し。
とにかく下ハンが持ちやすくなったのが嬉しい。

090822-3.jpg

しかし、このメッキ部分が斑に・・・(泣)

090822-4.jpg

左も・・・(号泣)
汗にしてもクリアを染み透るワケないと思うんやけどなぁ?

090822-5.jpg

ちなみにCAAD9のステムはディズナ(100mm/84°)
実測115g(ボルト込)なのですが、価格の割りに軽量です。
剛性感は無いですが、ヲレの平凡パワーなら無問題。


にほんブログ村 自転車ブログ←Click Please!

2009/08/21 (Fri) CICLISSIMO no.15/2009TDF


ツール・ド・フランス特集号の今回、
読み応えのある記事内容で良かったです。
レースはLIVE映像で追えませんでしたが、
ダイジェストやテキストライブで味わった興奮を、
誌面を見ながら思い出せました。

そして、直接ツールの話題ではないのですが、
チーム関係者に日本人選手の印象を聞いた記事で、
カチューシャのディレクターが、
「才能有る日本選手を伸ばそうと思ったら、もっと組織立ててやらなくてはダメ」
といったコメントが載っていた。

まさに、問題は其処ですね。
今後、別府選手・新城選手に続くかどうかが最大の問題。
最近、一般認知度が上がった自転車競技。
個人の力だけでなくサポートする側も力を付けないといけない、
ツールに出れたからといって、安心は出来ない状況、
1年2年のスパンではなく、10年20年のスパンが必要ですが、
まさに「此処から」が正念場。

門が開き、踏み込んで、さらに道を作っていかないと。


にほんブログ村 自転車ブログ←Click Please!

2009/08/12 (Wed) 重力に抗う男
世間はお盆休み。
しかし、私はお仕事漬けでございます・・・

でも、午前中は走りたいので8時出走で今日も葡萄坂へ。
先日のヘタレ登りを克服するべく、今日はCAAD9で挑戦だ。

最初から重いギアでぐいぐい走る(あくまで個人的感覚)。
やはりCAAD9+アラヤは走りが軽い。
ジャンボゴルフまでなんとかペースを保てたが、
今日もここから重力に牽かれはじめる・・・

ヘロヘロ汗だくになって関電通過。
今日はそのままのどか村まで走っていったん休憩。



全体のポジションが出ているので、やはり踏み込みやすい。
クランク長は167.5mmがベストかなぁ。

缶コーヒー1本飲んですぐ下山。
今度は石川沿いを走ってサイクル橋まで回復走&LSD。
この頃には随分と気温も上がり、アスファルトから熱風が湧き上がる。



写真だけ撮って、高ケイデンスを維持してもと来た道を引き返す。

坂は登り方を随分と忘れている。
10月の熊野古道HCまでには徐々に登る距離を増やしていかねば。


にほんブログ村 自転車ブログ←Click Please!

プロフィール

FJT1968

Author:FJT1968
1968年式/旧型エンヂン搭載、グラフィックデザイナー。まだまだ頑張ります。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。