2009・07
<< 06 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 08 >>
--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/07/27 (Mon) 180人のライダーへ万雷の拍手を
2009年ツール・ド・フランスが、アルベルト・コンタドールの総合優勝で幕を閉じました。
その中でも注目の日本人選手二人、別府史之選手・新城幸也選手も無事、完走。

しかもお互いに戦いの見せ場を作っての今大会。
二人のレースに対するモチベーションの高さが走りに出ていました。

見てるほうは十分に満足しているのですが、きっと闘った二人の目標はさらに上のハズ。
2009年ツールが終わりましたが、2010年に向けてさらに期待が高まります。

ALLEZ! FUMMY!! ALLEZ! YUKIYA!!


にほんブログ村 自転車ブログ←Click Please!

2009/07/19 (Sun) C`est la vie
チームAで毎年出場していたんですが、
スケジュールの都合がどうしてもつかず、シマノ鈴鹿は残念ながらDNSです。
まぁ人生こういう時もあるさ・・・

と、言うことでこの週末は時間も取れないので、
ローラー台で自分と向かい合う戦いに明け暮れております。
蒸し暑いは汗も止め処なく流れるはで、1時間でもメチャクチャしんどい・・・
と、溶ける・・・溶けて流れてしまーう・・・
でもこのトレーニングが熊野古道へと続く道と信じて漕ぎまくるしか無いんやねぇ。(←大げさ)

そんなしんどい中でも希望の光が。
KAAD9はもちろんMERAK(ステム長110のまま)もポジションを見直したおかげか、
股ズレがさらに起こりにくくなってます。
背中から腰にかけての角度が起き気味になったので、
内股をこするペダリングにはなってないのかも。

まだ安心はできへんけどね・・・(苦笑)

にほんブログ村 自転車ブログ

2009/07/13 (Mon) ポジションスパイラル?
先週、富士SWのエンデューロを走る前にCAAD9のポジションを少し見直しました。
私は身長が低い割に手が長く、ステムが120mmや110mmでも肘に余裕があるので十分走れるのですが、最近何故か「背中(肩から腰)」には余裕がなく、動きが制限されているように感じたので、思い切って100mmのステムに戻して走ってみた結果、背中の動きの余裕も出来て、脚に負担もかからず良い感触を得ています。
イメージ的にはブラケットと下ハン含め「近く・低く」かなぁ。

そして、もう一台のロードであるMERAK@通勤号も出来ることなら同じポジションにするべく第一段、まずはステム長は110mmのままで、ハンドルをCAAD9と同じTNIのネオクラシック(幅400mmでCAAD9と同じ)にしてみました。
やはりこのハンドルは良いです。剛性が程々で手に馴染む。
ちっさいオッサン向け(苦笑)なんでしょうが、もうこのハンドル以外には考えられなくなってます。

でも位置的にCAAD9よりサドルからブラケット位置まで10mm長いままなので、
ポジションを見直したCAAD9よりやはり少し遠い印象を受けてしまいます。
もちろん2台ともフレームジオメトリーが違うので、全く同じに出来るはずもないんですが、
感覚的にはMERAKもあと10mmステムが短ければイケそうな気がします。

今使っているステム角度は80°なのですが、市販や店頭ではなかなか見ない角度。
丁度良いステム長と角度があるとエエんですが・・・

にほんブログ村 自転車ブログ

2009/07/07 (Tue) フレンドシップサイクルフェスティバルin富士スピードウェイ/参戦記


2年前にも参加した「フレンドシップサイクルフェスティバルin富士スピードウェイ」の7時間チームエンデューロに参戦してきました。

プロフィール

FJT1968

Author:FJT1968
1968年式/旧型エンヂン搭載、グラフィックデザイナー。まだまだ頑張ります。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。