2008・07
<< 06 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 08 >>
--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/07/14 (Mon) 大台ケ原ヒルクライム参戦記
7/12(土)
昼過ぎにビッチをピックアップして大阪出発。
3時30分には受付の上北中学に到着。
Kなんさんとおち合い、今週も道の駅対岸の薬師湯に浸かりに行く。

先週も来たけど此処のお湯、気持ちエエですなぁ~。
汗を落としたつもりやけど、浸かり過ぎて逆に汗が止まらんがな(笑)

このあと肝練宴会が待ってるKなんさんと別れ、
我々二人はいったん吉野まで降りて、買い物と夕飯を済ませてまた上北に戻る。
今夜は久しぶりの車中泊。
中学校の校庭に止められたので、案外寝れたけど、
来年は、体育館で寝たほうがよさそうやね。

夜は明けてレース当日。
目が覚めたら雨やったらどないしょ・・・
と、思ってたけど山間部特有の朝霧は出たけど空は晴れ。
これなら今日一日大丈夫やろ。

朝着の164さんとも無事おち合い、
いつものごとくアップ中に便意が襲い慌てて軽量化する等、
準備に多少手間がかかったが、スタートラインに。

モロ二日酔い顔のkなんさんもスタート地点に。
king師匠は全然平気な顔でスピーチしてはりましたが(笑)

豪快な花火の打ち上げがレーススタートの合図。
では、いっちょ坂をシバキ上げに行きまっか!

序盤の平坦基調路は先頭グループ最後に付ける。
やはり先週走りに来て良かったで。
木和田を過ぎると登り区間、一応164さんの背中が見える範囲で走るが、
ハムストが張りだし、気が付けば164さんの姿はもう無い(苦笑)

ここからひたすら我慢の激坂区間。
いわゆるバックアタックを決めてしまった。
どう思い出しても抜いた記憶が無いねんな、これが(汗)
(コース上は綺麗になっており、スタッフ皆さんの苦労のお陰。大感謝!)

激坂序盤でkなんさん(これは予定通り)、
中盤でビッチにも抜かれ、シンドイシンドイ一人旅。
ぶっちゃけ体調が悪いのは治っていなかった。
そんな状況で参加するかどうか迷ったのも事実。
汗が滝の様に流れ出て、トップチューブをびっしょり濡らしている・・・
自律神経もイカレ気味?

でも、坂を目の前にしたら「脚をついたら死ぬ」ルールが発動。
意地でなんとか登ってゆく。遅いけど。

大台ケ原ドライブウェイに辿り着き、
残り5kmになった所でなんとかビッチに追いつく。
暫くビッチを引っ張った後、ビッチを発射。
あとはもう単独でゴール。

こんな体調でもせめて1時間45分は行きたかったが、
結局1時間49分台で、中の下。
やっぱり悔しいなぁ。



ドリンクサービスとにゅうめんでなんとか生き返り、
着替えていざ下山。

下山後、また薬師湯で汗を流した後に帰宅の途につきました。

大台ケ原ヒルクライム。
大会規模は小さいとはいえ、とてつもなく長閑な雰囲気。
今まで参加したレース中では自分の成績ではなく、
文句無しにベストレースやと思う。
また来年も参加せねば。

2008/07/05 (Sat) 大台ケ原試走
予定では、先週に行きたかったんやけど、天候には敵わず。
なので、一週間前の土曜日に試走に行って来ました大台ケ原。

朝5時にビッチをピックアップ。
一路、大台ケ原に向けて出発です。
7時30分に無事、道の駅に到着。
準備を済ませていざ出発!したのはエエけれど、20mも走った所でパンク・・・
車に戻ってチューブを変えていざ出発。
しかし、これは今日一日襲いくるパンクの嵐の序章でしかなかった・・・

コース序盤は比較的斜度が緩く、川沿いを登ってゆく。
空気もひんやりして走りやすいが、コース幅が狭いので、
レースでは気をつけて走らなければ。

此処までは余裕の二人。
木和田の分岐を越えてから顔色が変わってきた(汗)

いやぁ・・・激坂やとは聞いてたけど、どんだけキツイねーーーん!!!
しかも落下物・落石は多いは路面も悪い。

思わず前34が欲しくなってもた・・・
つーか、その歯数の方が、この激坂区間はリズム良く走れるような気がする・・・

何とか、大台ケ原ドライブウエイ分岐に到着するやいなや、今度はビッチがパンクした。
激坂区間やなくてよかったで。
休憩がてらチューブ交換して、いざ後半戦へ。

ここからはアップダウンはあるものの、あの激坂に比べれば全然平気(苦笑)
(でも後半は、前50Tの方が柔軟に早く走れるかも・・・)

そしてなんとか大台ケ原HCゴール地点の大台荘に到着。




アイスとコーラでエネルギー補給。
いやー!アイスとコーラの美味いこと美味いこと!
一息ついたのち下山の途に。



ドライブウエイを下ってる途中で空も晴れてきた。
ウインドブレーカーも要らんくらい気温も暑い。

さて、激坂区間に突入。
コースの中間を過ぎた辺りで、落石(小石)を前輪にヒット。
ミシュランPRO2やったら、いける位の衝撃やったけど、
トレッドの薄さが気になっていたEVO-CXでは、耐えられなかったようだ。
あえなくパンクしてチューブ交換。

無事再スタートして、あと少しで小処温泉への分岐地点でまた前輪パンク・・・
換えチューブもうねーよ!!!

残り10kmも無い処なので、無事のビッチの前輪を借りてヲレが下山。
この借りた前輪もパンクしたら洒落では済まんなぁ・・・と思いながらも、無事道の駅到着。
車に乗り換え迎えに戻って再合流してなんとか事なきを得た(冷汗)

汗と冷汗を落とすべく、道の駅対岸にある温泉に。お疲れ様でした!
来週のレースでのペース配分を考えながら、帰宅の途につきました。

思った以上に落石も多く、自由なライン取りが出来ないし、
登りですらパンクの危険性がある。
レース本番はある程度取り除いてくれるんやろか・・・
(特に下りが心配なんやけど・・・)



どこかで見た人が写真中央に・・・Kなん祭りや!
(町じゅう貼ってたで(笑))

プロフィール

FJT1968

Author:FJT1968
1968年式/旧型エンヂン搭載、グラフィックデザイナー。まだまだ頑張ります。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。