2008・03
<< 02 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 04 >>
--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/03/22 (Sat) がっちりサタデー!?
木曜日はシマノサイクルアカデミーに参加したため、
実は今週の仕事がはかどっておりません(汗)
土日は仕事やなぁ・・・自営業はまだ融通が効くのが救いです(苦笑)

でも、色々試したい事もあり今週末は土曜の午前だけ練習時間をムリヤリ作ったりました。
(家族からはもう呆れられております(苦笑))

朝6時過ぎに出発。
朝方は冷えるが、日も昇り始めると気温はぐんぐん上昇。
上りでは汗たらたら流れます。

峠2本にしようかと思ったが、グリーンロードを走った後、
金剛山ロープウェーTT1本のみとする。

サイコン時間8時20分丁度、森屋交差点出発。
登りだしてスグの工事現場で交通整理のためストップ。
いきなり出鼻をくじかれるが、めげずにアタック。

シートポジションを5mm上に、サドルを3mm後退させての今回のアタック。
股関節の窮屈感も無く、スムーズに脚を廻せている。
今までなら太腿前部が張ってくるが、今日はハムストリングがキツイ。
溜まってくるとダンシングで解しながら登坂。

気になるタイムは・・・38分55秒!
しかも交通整理でのストップが30秒以上あったはずやので、
37分台とは言えないが、38分30秒は切れていただろう。
なので今回は残念ながら参考タイムですな。

木曜日のシマノサイクルアカデミーでの安部選手のアドバイスから、
今回の登坂になんとか生かすことが出来たようだ。

さて、伊吹山HCまで2週間。
来週末は最後の追い込みできるか・・・

2008/03/20 (Thu) シマノサイクルアカデミー受講
シマノサイクルアカデミー、参加してまいりました。

午後よりの開始。
まずは講師陣と参加者が一同に集まり、説明を受ける。
中級コースの実走行希望者を募り、挙手。
まずはポジションチェックからになる。

ヲレの番になり、阿部選手に見ていただく。
すると、下半身は完成に近づいているとの事で安心。
だが、シート位置が低いので、もう1cmほど上げれそうとのこと。
阿部選手いわく、体型的にはアイサンの西谷選手に近いとの事で、
トレーニング次第ではいい所までいけるかも???
安部選手、リップサービスやとは思いますが、
調子に乗っていいですか?(笑)

天候が危ぶまれましたが、
なんとか雨も止み、無事外での走行も行うことが出来ました。
コースはいつもの自分達の練習コース。
できるだけくらいつくべく阿部選手後ろで走る。

絶好の位置で安部選手の姿勢・ペダリングを観察。
私たち参加者が踏み込んだペダリングになる中、
抵抗が無いかのようなペダルの廻し方をしている。

1周目はきっちり付いていけたのだが、
2周目の登りで見事千切れる・・・
だってハンガーノック気味やったんです・・・(言い訳)

実走が終わっても色々と話を聴く。
ためになることばかりで、充実した時間だった。

さて、この経験を生かさなければ!

2008/03/16 (Sun) 練習と調整
このところ週末の天気は安定して、
もうすっかり春の様子。

今日の修行走は、水越峠アタック会に参加させてもらうべく、
いつもよりちょいと早い時間に出発です。

大和川沿い外環高架あたりで待ち合わせ。
164さんとは途中で合流、しばし待ってからkなんさんも合流。
大和川石川沿いを走って、水越たこ焼き屋前を目指します。

大和川沿いでは切れ気味(汗)でしたが、
石川沿いでペースダウン嘆願を採用してもらって、
無事切れる事無く到着です。

7時30分の待ち合わせ時間になると、一台また一台と集まり、
今日は計5台の集合となりました。

さて、アタック開始。
サイコンをいじっていたら、みんなあっと言う間に出発。
もうすでに遥か先に背中が・・・
焦っても仕方が無いので、最後尾からサイコン時間7:50に出発。

脚の調子は良いと思ったのだが、シッティングで登っていると、
左臀部の筋肉がビキビキと痛みが走り出す。
め、滅茶苦茶痛い・・・

そう、今週筋トレの一環で、スクワットを始めていたので、
どうもその影響で痛みが残り、尻がもう一つ割れて3つになりそうに(汗)

ダンシングで誤魔化し、涙チョチョ切れながら旧道を走り、
なんとか21分38秒でゴール。皆さんお待たせしました・・・
他の方は20分余裕で切ってはるので、ヲレのタイムは参考程度(苦笑)

春先に森屋から26分で登っていたので、
森屋からヲレのペースで2・3分かかると計算すると24分程か。
2分縮めれたのはフロント38Hのお陰か練習のお陰か・・・

この水越アタック会は山頂解散。
ヲレと164さんで、今度は金剛山ロープウェイまで登ることに。

水越で痛み出した左臀部は、まだ回復できていない。
緩やかな斜面をシッティングで登ると、よけいに痛い。
右と左で体のバランスがバラバラだ・・・
先週には程遠いペースでなんとか登頂。
164さんまたもやお待たせしました・・・
でも、登らないよりはマシと思い込みたい(涙)

後は下りなので、尻の痛みもさほど気にする事無く、
一気に白木ファミマまで。

軽い休憩を挟んで、来た道を戻って終了です。

いやはやまだまだ修行の身。
また出直して再チャレンジさせていただきます。

2008/03/09 (Sun) 目的と目標
3/8土曜日は164さんのお店「アクティブ・スタイル」に寄り、
体のメンテをしてもらった。
会話しながらの施術になるのだが、必然的に自転車の話(笑)
サドルはお互い苦労しているようで・・・
股関節のお手入れ、またお願いします。

今日はキシリウムSLに履き替えて、先週日曜日と同じコースを走ってみる。
キシリウムSLはコスミックエリートに較べると、当然軽く感じる。
先週より遅くの出撃時間やったけど、白木ファミマにはほぼ同じ時間で着いてしまった。

缶コーヒー休憩後、金剛山ロープウェイを目指す。
白木ファミマを出て暫く走っているとまたしても、
Kなんさん水越タイムアタック一行とすれ違う。お疲れ様です!

で、森屋交差点からいざスタート!
今日は気温が上がる予報やったんで、長袖ジャージは止めて、
半袖ジャージ・レーパンにアーム・レッグウォーマーの装備。
登りはこの服装で十分でした。

で、問題の結果は・・・39分6秒!
最後は心臓、口から飛び出るか思た。
先週より2分弱更新、もちろんベストタイム。
164さんの施術と、鉄下駄修行が功を奏したと言うことで!

で、ふと携帯に着信履歴が。
kなんさんからでした。
すいません気付きませんで(汗)
練習相手にはなられへんけど、話し相手にはなりまっせ!

下山しようとしたとき、シクロのT岡選手が車で上がってきはりました。
見届けて下山開始。
するとヲレより後に多数のローディーが登坂中。
ぬ、抜かれないで良かった(苦笑)

今度は金剛トンネルを目指す。
途中からの合流なので、タイムは比較にならないけど、
ここも先週より楽に上がることが出来た。
温かい気温のせいか、単車乗りが結構走ってました。
登坂・下山はアウトキープが原則やね。

金剛トンネル越えて奈良側でウインドブレーカーを着用時にパチリ。




今度は奈良側へ下山です。
先週より下ハン持つの慣れたかも。

24号線沿い五条のファミマで休憩後、竹ノ内峠を目指す。
現状の力目一杯で金剛ロープウェイを登ったわりには脚は残っている。
ちょっと色気が出て309号線・水越峠経由で大阪に戻ろうか考えたが、
自重して、竹ノ内麓のデイリーヤマザキで休憩。

此処では先週より長い30分の休憩を挟んでから大阪側へ戻ります。
キシリウムSLの軽さのお陰か、順調に登坂。
グリーンロードもフロントアウター縛りで戻りきり、
石川・大和川沿い~長居公園でクールダウンで終了です。

今年は明確な課題の元、順調に修行走が出来ている。
レーサーとは決して言えないレベルやけど、
同じ走るんやったら少しでも早よなりたいもんね。

2008/03/02 (Sun) まだ脚が動くまで。
晴れたら日差しの中に春の暖かさを感じますね。
もうすぐそこまで来てるのでしょうか?

伊吹山HCまであと1ヶ月。
と、言うことで今日は朝6時30分出発で、山岳練に出発です。
グリーンロードで足慣らし後、いったん白木ファミマで休憩。
まずは金剛山ロープウェイを目指す。

ホイールはコスミックエリートなのでタイム狙いと言うよりは、
筋トレに近いですな。鉄下駄履いてるのと同じ要領です(苦笑)

080302_1.jpg

日差しが当たると暖かさを感じるけど、登坂中は暑いくらい。
前回と同じく41分で到着。
うーん。もうちょっと気張らんとなぁ・・・

続いて2本目、310号線の金剛トンネルを目指す。
ロープウェイの下り千早隧道から310号線に合流。
ここで、ホイールの重さが身に、いや脚に染みる。
ミシミシ言わせながらもなんとかトンネル到着。

080302_2.jpg


奈良側へ下り24号線を北上、五条のファミマで小休止。
水分・糖分を補給して軽くストレッチ。
結構脚にキテます・・・

高野街道を和歌山側から登ろうかとも思ったが、この天気の良さ。
車も多いだろうと予測して、脚が復活すれば水越、
ダメなら竹ノ内からと思いながら出発。

県道30号線に入る登りで脚を削られ、
竹ノ内奈良側麓のデイリーヤマザキで休憩後、
竹ノ内越えで大阪に戻ることにする。

080302_3.jpg


亀のように遅いペースで登頂。
越えて坂の勢いで石川沿いまで一気に下ろうかと思ったが、
最後の一踏ん張り、グリーンロードを使って臥竜橋から石川沿い合流、
あとは大和川沿いを気力で走って、本日の修行走終了です。
さすがにコスミックエリートで山岳2本はきつかったか・・・

新しいサドルは十分合格。
ちょっと重めやけど、100km越えて走っても股は大丈夫でした。

ハンドルはSTIの位置は非常に好みの位置になったが、
下ハン位置が低すぎるのか、急な下りはちょっと怖かった。
まぁ、これもしばらく様子見てみましょうか。

プロフィール

FJT1968

Author:FJT1968
1968年式/旧型エンヂン搭載、グラフィックデザイナー。まだまだ頑張ります。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。