2006・09
<< 08 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 10 >>
--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/09/30 (Sat) ストロング金剛山!
朝5時に目覚ましが鳴ったんですが、
消してすぐ寝返りすると30分寝てました(汗)
慌てて支度をして今日も週末修行走に出発です。

7時丁度に自宅出発。
8時前には大和川・石川合流地点に到着。
葡萄坂に行こうか迷ったが、
今日は金剛山ロープウェイに行ってみる事にした。

グリーンロードを走って身体を暖める。
随分涼しくなって、汗も激しくは出なくなってきました。
途中いつものコンビニで補給後、
休憩もそこそこに走り出す。

すると何故かお腹急降下(大汗)
コンビニまで戻るか、道の駅「かなん」まで行くか迷うが、
我慢してでも、この先にある道の駅まで頑張る。

着くやいなやトイレで無事軽量化に成功する。
登坂を前に考えると結果良いことなのか?
しかし、あのまま行ってたら、此処には書けない大惨事になった事必至…

身も心もすっきり(笑)
旧310号線・森屋交差点から登坂開始!
この金剛山の勾配は、むちゃくちゃキツくはないけれど、
じわじわ脚にくるイヤらしい坂道です。
しかも10kmもあるときたもんだ!
対Mt.富士ヒルクライム用の特訓地としては、
山一つ向こうの水越峠より合っているのかもしれない。
水越峠のほうが斜度の雰囲気は富士スバルラインに似ている感じがするけど、
交通量は確実に少ないので、まだ安心して走ることができる。

上りはじめて、ふと後ろを見るとMTBライダーの方も登坂をはじめたようだ。
ここで小さな負けず嫌い発生。
今日は絶対抜かれまいと、アームウォーマーを下げて臨戦体制
ゴリゴリ登坂する。

310号線への分岐地点でなんとか、後ろの方を引き離すことに成功。
この小さな負けず嫌いが響かなければ良いのですが(汗)

いったん斜度が緩む地点では、フロントアウターに入れて、
どんどん漕ぎまくる… がしかし、長続きはせずにすぐタレてしまう(大汗)
修行がたりませんなぁ…

なんとか最後の区間も乗り切り、無事石碑前到着~。
麓から45分かかってた… ショボショボや…
後ろ25Hで走った区間でも、23Hで走れるようになれば、
今後に繋がるのかなぁ…

CIMG1114_1.jpg

(↑ロープウェイ入り口前でパチリ)

CIMG1117_1.jpg

(↑国内唯一の町営ロープウェイ 行き着く先は金剛山山頂です)

いったんロープウェイ入り口まで上り休憩。
流石にここまで来ると気温が低い。
登坂で確かに汗はかいたが、スグに汗はひいてしまった。
アームウォーマーを元の位置に戻しダウンヒル開始。

いやー。ここの下りは楽でええなぁ~♪
コーナーで普通乗用車を煽りまくってしまいました。
登山客の人、すまぬ(苦笑)

下山後は中津原経由で河内長野から石川沿いに出て帰宅して修行走終了。

このコースは短い峠より、脚にくるコースやけど、
走り甲斐のある名道だと思います。

せめてもっと早く登りたいなぁ…

2006/09/24 (Sun) グレープヒルアターーック!!
快晴では無いが、気温・湿度とも低く過ごしやすい朝。
今日は久しぶりに葡萄坂を含めた修行走をする事にした。

自宅を6時40分過ぎ出発。
7時15分に大県交差点到着。
アームウォーマーをしてきたのだが、登坂を前にはずしておくことにする。
中途半端な時間やけど、信号のタイミングが良かったので、
サイコン時間7時17分丁度に登坂開始した。

実はここに来るまで、右膝に違和感が出ていて、
深く曲げにくく、ずっと曲げたままにしていると、
鈍い痛みを微かに感じる程度のもの。
でも、ペダリングは普通に出来るので、
これ以上痛くなったら止める事に決めていた。

最初のヘアピンをダンシングでクリアすると、
なんとか痛みも酷くならずに登れるようだ。よしよーし。

斜度がキツいジャンボゴルフまでの区間で約9分45秒。
いつもは10分はかかっているので
幾分かは良いペース?

ここからの斜度が緩む所ではシッティング中心で走る。
8月~9月上旬と比べると、かなり気温も低いせいか、
汗もさほど出ずにこの区間を走れている。

高尾山の最高地点横からの上りでは流石にヨロヨロになってきた(汗)
でもあと少し!
変電所付近の下りでは流れるよだれを拭わずに根性でクランクを廻す。
そしてゴール!

変電所前通過タイムは18分45秒!
やった!19分の壁を破ったどー!
自己ベストやー!! と、一人喜ぶ。
CIMG1113-1.jpg



いったん変電所前で止まり、膝の様子を再確認。
なんとか山頂までは持ったが、違和感は取れなさそうだ(汗)

戻りはゆっくりと下る。
大看板前で登坂中のロード集団と挨拶を交わし下山。
そのまま大和川沿いを走り、
グリーンロードへ。

グリーンロードを4人程で走られていたローディに付いて行こうとするも、
右膝の違和感のためか、右足だけガニ股ペダリングになってしまい、
いまいちスムーズなペダリングが出来なくて結局付いてゆけず。
かなり走り込んでる人達やったので、
できれば彼らのペースに付いてゆきたかった…

あとは、淡々とコースをこなし、無理せずショートカット。
309号バイパスから石川に出て、サイクリングスピードで帰宅した。

久しぶりの膝痛が出たのが残念…
でも葡萄坂では思ったよりタイムを更新できたので、
まぁまぁ良しとしましょう(笑)

この際、身体のメンテもちゃんとしなきゃね…

2006/09/17 (Sun) 舞洲クリテリム参戦記
目覚ましより大分早く、午前四時起床。
寝付きは良かったけど、どうやらかなり興奮しているようだ。
支度を済ませた後、じっくりストレッチ。
相変わらずの身体の硬さでイヤになる(苦笑)

時間も6時になった所で自宅より車で出発。
舞洲をめざします。
途中でGS、コンビニで昼食を確保しながら7時丁度に到着。
もうすでにゲートオープンされている。

2006/09/06 (Wed) 気分はクネーゴ!?
今日も朝から快晴!
湿度も低い!
絶好の走行日和です。

しかし昼には別件で外出のため、10時には家に戻ってなければなりません。
なので、今日は目覚ましで5時30分起き。
6時30分出発です。

昨日と同じグリーンロード方面なのですが、
ちょっと短縮コースの予定。

昨日チェーンのトラブルを解消したせいか、
ペダリングもスムーズ。
脚の調子もすこぶる良い感じです。
これが先週なら・・・(苦笑)

大和川・石川合流地点の新大和橋を渡り、
河川敷に降りた所で、2台のロード乗りを発見。
ゆったりペースで走られていたので、追い抜かせてもらった。
新車のCAAD8かな?アルミ無垢のフレームがピカピカでした。

で、ヲレの今日のジャージはランプレ(05)。
気分はもうクネーゴになっています。
自転車はSIX13じゃないけれど(苦笑)

グリーンロードの坂をダンシング中心でぐいぐい登り、
ペース上げ目で走行、一気に休憩地点のファミマまで。

オレンジジュースを日陰で飲んでいると、
以前にもお会いした、スペシャ乗りの若者に会う。
周辺道情報を交換しながらしばし休憩。
しかし流石に若者。
休憩もそこそこに走り去ってしまった。
オッサンはもう今日は店じまいですよう(汗)

いったん309号バイパスまで上り、右折。
川西大橋まで戻る。
後は石川沿いを流して帰宅。

で、気になる事と言うか、
最近南河内サイクルラインで自転車で横二列になって走っている方々を見かける。
一般の方や他自転車とすれ違う時は非常に危ないので、
出来る限り控えていただきたいなぁ・・・

CIMG1069-1.jpg

↑写真はグリーンロード途中、南阪奈道を見下ろした所。

2006/09/02 (Sat) 寝不足解消!?
朝5時に目覚ましかけるも二度寝・・・
7時過ぎに目覚める。
昨晩11時には寝たから8時間睡眠か。
久しぶりに良く寝た~(苦笑)

結局いつもよりかなり遅い9時出発。
仕事が忙しかったせいでまたもや平日は全然乗れていないので、
峠コースはやめて、南河内グリーンロードのみの構成。
気温は高いが、湿度が8月中に比べると低く、非常に走りやすい。

しかし、南河内サイクルロード、新大和橋を石川へ渡った所で、
チェーンに違和感を感じる。
クランク2周に1回くらいでFメカに当たるような感覚だ。

降りて見てもいまいちよく分からない(汗)
今のところ走れてるし、とりあえず行ける所まで走ってみる事にする。

臥龍橋で東岸に渡り、南河内グリーンロードを目指す。
すると遙か先にロード乗りの方発見。
今日の目標としてなるべく追いつくべく走る。

甲斐あって南阪奈自動車道交差付近で追いつき追い越すも、
どうにもチェーンの「かかり」がよろしくなく、
いったん道の駅でじっくり見ることにした。

で、じっくり1コマづつ見ていると・・・
分かりました原因が。
コネクトピンの一つに歪みが・・・
こっ怖ぇぇぇぇぇぇぇ!
よくダンシング中に外れなかったなぁ!?

原因は鈴鹿か、運んで帰って来たときかは分からないけど、
今までよくはずれなかったと逆に安心。

患部を動かして見ると、他のコマに比べると動きはかなり渋いが、
ちゃんと動くし、ピンが落ちそうな感じは無い。
行こか戻ろか迷ったが、無茶走りはせずに、
じっくり走行で今日の工程を消化する事にした。

順調に途中の補給地点ファミマで休憩後、
309号線の水分交差点を経て、
またグリーンロード方面から河内長野まで走る。

極力ダンシングはせずに、じっくりペダリングで走ったんですが、
やはりチェーンの違和感は取れません(汗)

無事、坂を乗り切り石川沿いまで戻り、
あとは平坦路なので、サイクリングモードで帰宅。
帰宅後スグにコマ1つ分を入れ替えた。

トラブルを未然に防げれば良いのですが、車載ツールとして、
チェーン切りとチェーン+ピンも入れなきゃなりませんねぇ。
荷物は重くなるけど、よい教訓になりました。

CIMG1066-1.jpg

↑写真はグリーンロード途中でパチリ。良い具合の坂道です。

プロフィール

FJT1968

Author:FJT1968
1968年式/旧型エンヂン搭載、グラフィックデザイナー。まだまだ頑張ります。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。