2006・03
<< 02 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 04 >>
--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/03/26 (Sun) 回復走。
風呂に浸かってゆっくりほぐしたつもりの筋肉が、
太股・ハムストリング・臀部と少し張っています。

なので、今日は坂成分は抜きでコースはいつもの、
大和川・石川沿いの南河内サイクリングロードの往復走です。

風があり、平地ながらなかなかツライ走行になってしまった。
結局、行きも帰りも向かい風プラス横風。
文句をブツブツ言いながらひたすらペダルを廻すことに専念して乗り切った。
向かい風大っ嫌い!

帰りに長居公園に寄り、自動販売機の熱いカップコーヒーをすすってから帰宅。
今日は風のせいで、砂がチェーンにこびりついています。
うわー。ジャリジャリやん・・・早速掃除して終了。

チェーンオイルはドライタイプの物を使っているんですが、
砂や埃がつきにくいはずなのに、さすがに一定量を超えると付くなぁ。

2006/03/25 (Sat) 今日も今日とて
今週走ったにもかかわらず、南河内グリーンロードに出陣。
今日も天気は安定していて走りやすい。
すれ違ったローディーの中には、半袖半パン姿の方もいらっしゃった。

前日が仕事でバタバタした事もあって、少し身体が怠く、
脚の廻りもいまいちの中、どんどん先へ進む。

もう少し脚の調子がよければ、そのまま水越か金剛山にアタックしようかと思っていたのですが、
無理は禁物。今日もいつもの修行コースにすることに。
すっかり春めいてきたので、山の木々の繁りや鶯のさえずりが心地よい。

身体は怠いが気持ち良く走りきる事ができました。
明日はどうしよう・・・

2006/03/21 (Tue) 記録&記憶
3月末~4月末にかけて仕事が忙しく、乗ってはいたんですが、
日記として記録する時間がなかったの為、放置状態でした。
あかんなぁ・・・

と、言うことで、
記憶を頼って記録をば。

3月21日(火)

祝日の今日は春らしい良い天気。
そろそろ、冬用ジャージも脱ぎたい所。

でも、山間の寒さにそなえ、上は防寒長袖下着にアームウォーマー&半袖ジャージ、
下はロング丈の冬用ジャージ。
保険のウインドブレーカーをバックポケットに入れ、いざ出発。

走り出しは流石に寒かったが、15分も走ると気にならなくなる。
大和川・石川沿いを経て、南河内グリーンロードに到着。

厳しいアップダウンを乗り越え、今日は道の駅を飛ばし、
そのままワールド牧場裏の展望台まで。

天気の良い今日は、多数のローディーが走行中。
すれ違いざまに軽く挨拶を交わしながら登っていく。
そして、展望台で少し休憩。

前日の雨の影響か下り区間で道路に砂が浮いているので、
慎重に下っていたら、後続のローディーに豪快にアウトから抜き去られる。
あの区間であのスピード・・・ 凄い・・・

いったん下って、府道27号線経由で水分まで。
少しだけ309号線経由で、また南河内グリーンロードに入り、
中津原を通って310号線に出て、河内長野まで下る。

一般道を少し走り、石川沿いまででて、南河内サイクリングロードで、
元来た道を帰る。

今日は、リズム良く走って約90km、約4時間の道のりでした。
さて、Mt.富士HCに備えてさらに峠トレーニングしますか!

2006/03/19 (Sun) キャノ&トレック試乗会!
この週末は天気が安定せず、
土曜日は2時間実走(30分降雨)+ローラー台30分程。
全然走り足りないICEですよ。

今日は仕事を自宅でしなきゃならないので、
ローラー台1時間程回して終了のはず・・・やったんですが、
行きつけのA店でキャノンデール&トレックの合同試乗会に
夕方いそいそと出かけてみる。

店舗前のテント下には居てはりますよ!
ピカピカのSiX13やMadonが!
早速Madon5.9に乗せてもらう事に。

ペダルを自分のに付け替えてもらって、いざ試乗!
昨年のサイクルモードでは「一応」乗ったんですが、
ただまたいで漕いだ位の感想しかなかったけど、
今日は藻掻いたりダンシングしたりフルブレーキングしたり、
いろいろ確かめる事ができました。

Madon5.9の感想は、
車体の剛性感より、ひたすら軽い乗り味が印象的でした。
フレームは見た目結構ボリュームがあるのに、
薄い皮で包まれているかの様にパリッとしているのに、
しなやかに走るというか、これがOCLVの威力なんでしょうか。
(コンポはもちろんシマノDA)

ちなみにそのあとMadon5.2も乗ったんですが、
軽い事は軽いけど、フレームの肉厚感があり、
ダンシングでは重い感じがしました。
坂登れればもっと差が判ったかも知れないですね。

次は、SiX13。
背筋がキッチリ通っていて、まっすぐ真面目に走る印象。
コーナーでも軽く倒し込めるし、
ダンシングでもパキッとした漕ぎ味。
でも、細かい振動はあまり乗り手に来ない優しさもある。
(コンポはキャノオリジナルクランク&カンパ/レコード)

で、好みはというと・・・
Six13かな。
確かにMadon5.9も凄い乗り味なんやけど、
SiX13と較べると少しデリケートな感じがしました。
両方とも坂登って較べてみたかったなぁ。

で、愛車に乗って帰る。
たしかにトップグレードのバイクと較べるのも恥ずかしい車体やけど、
スローピングフレームで重心も低くて扱いやすいし、
案外ブレーキに安心感がある。
フルアルミらしい剛性感で、これもまた良し。
と、言うか身分相応な車体です。

何年後かに乗り換えるチャンスがあれば、
悩むんやろなぁ・・・
悩めるように軍資金貯めないとね。

2006/03/11 (Sat) 今度こそ走り堪能…
先週、いつものホームコースに出陣するも、
10速を全く使いこなせず、リズムに乗って走れなかったので、
太股に乳酸が溜まりまくって撃沈…
反省しまくりの走行になってしまいました。
でも、平地では楽チンなんですよね(苦笑)


CIMG0530_1.jpg



そんなこんなで、今日こそしっかり走るべく、
出発前にローラーで15分程脚を慣らしておいてから、
大和川・石川沿いを回転を意識して走り、
シフトをマメにを肝に銘じて、いざ河南町「南河内グリーンロード」へ!

ホンマにキツイアップダウンの繰り返しの道ですが、
前回より遙かに良いペースでの走行。
よしよし!
で、いったん道の駅でトイレ休憩を挟む。
10分後再スタート。

今日は思ったよりローディーの姿を見ません。
確か明日は、けいはんなロードレースと某有名自転車店の記録会が重なってたっけ?
シリアスレーサーのみなさんは体力温存かな?

で、兎に角脚の廻る限り前へ前へ。
気温が高くなる予報だったので、比較的軽装だったんですが、
これがドンピシャ。
実に気持ちよく快適な走行感。
先週は回避したワールド牧場裏の葛籠折れも快調に登ります。

そして途中道を間違え下山コースになってしまう。
うーん。アソコの分岐点いつまで経っても分かり難い!
いったん石川沿いまで出て、今度は河内長野R310の起点に進路を取る。

んで、R310登り口まで来たのだが、交通量・歓心寺方面への参拝客が多く、
登坂を断念。道狭いもんね・・・
余力を残したまま、元来た道を戻る。

で、途中の秘密の練習坂でその余力を使ってみる事に。
そういえば、コンポ・ホイール変えてから初登坂!
速度を乗せて一気に頂上まで!!
ダンシング!ダンシング!うぉぉぉぉぉぉ!
なんとリア25H使わずに登れましたよ!(もちろんフロントインナー(苦笑))

この坂の雰囲気は好きなので、今後も練習につかいますよ!でも場所は秘密。
後は石川沿いを流しながら戻ります。

大和川沿いに戻ると、後に気配が。
信号で確認すると、トライアスリート系マシンに乗られた方が。
私がクリートを填めるのを手こずっているうちに上記の方が先行。

さすがトライアスリート系マシン!
全く追いつけません!無理無理!
平地でついていこうと色気を出した私が馬鹿でした。
でも、もう少しは踏める様にしたいモノです。

長居公園に寄り、内周道にて軽く流して修行走終了です。
どうやら珍しく長居公園内でTVロケ中。
通りながらどんなんか見てみると、「チャンバラトリオ」の団長さんが!
色々ポーズを付けながら撮影中でありました。
でも、撮影見物客のほとんどが「ゴスロリ」系女子なんですよ。
素晴らしく不思議な空間が其処にありました(笑)


今日は、走りの組み立てを自分なりに考え、実践出来たので良かった。
まだまだ鍛えないといけませんが、Mt.富士ヒルクライムに繋げるべく頑張りますよ!
むんむん!

プロフィール

FJT1968

Author:FJT1968
1968年式/旧型エンヂン搭載、グラフィックデザイナー。まだまだ頑張ります。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。