2006・02
<< 01 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/ 03 >>
--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/02/25 (Sat) ポタっとな。
今日は今年一番の良い天気!
しかも気温も高く、絶好の修行日和!

の、はずなんですが、我がロードはホイール・コンポ関連のグレードアップと、
定期検診も兼ねて、お世話になってるA店に入院中。

好みのクランク長・ハンドルの在庫がなかったので、取り寄せ次第完成予定。
これでまた坂をバシバシ走りまっせ!

で、今日は通勤車のGaapで昼飯後の腹ごなしプチポタリング。
いつものN公園の内周道をのんびり走る。
MTB乗りや、ローディー(コルナゴ?)に抜かれながら3周ほど廻ったのち、
大阪城を目指す。

今日の私の格好は自転車用ヘルメットにサングラス。
上着も自転車冬用ジャージ、でも下はジーンズ姿で乗っていたんですが、
何故か大阪各所大量警邏中のK察達に遭うたびにジロジロ見られる。

うーん。そんなに変な格好か?
下はレーパン履いてへんのに・・・

そんなこんなで、無事に大阪城に到着。
小春日和につられたのか、観光客が多数来場。
天守閣に近寄れない位の人波です。

大阪城060225


大阪城公園内を通り、府庁前坂付近のお堀で休憩後、
今度は帰路の途中にある、
日本一の自転車用品安売りショップとうたわれるU店へ。

指を銜えつつ店内をウロウロ。
結局、パーツクリーナーのみ購入して終わり・・・
のはずが、何?この手にある白く輝くサドルは!?

トゥーペ060226


は、早く付けたい・・・
頼んまっせT店長!

2006/02/19 (Sun) 休みやから走るんです
今日はあいにくの曇り空。
でも、走りたいから走るんです!
あれ?ちょっと強迫観念入ってますかね?

8時出発で今日も今日とて東を目指す。
でも今日は少しコースを変えて、
アップダウンの繰り返す、農道コースを取る。

途中までいつもの南河内サイクルライン・石川沿いを南下。
巨人龍橋(巨へんに人で一文字)を渡り、東へ進路を変える。

一般道・広域農道を繋いで、河南町をぐるり一週コースを取るんですが、
昨日の疲れがさすがにあるのか、ペースが上がりません(汗)。

途中の道の駅で休憩後、再チャレンジ。
ここからもアップダウンがキツく本当にキーツーいー(大汗)
ミチミチと更に乳酸が溜まっていくのが判るよ・・・

今日は対抗車線を走るローディーは見かけるのに、
ICEと同じ車線で走る人を全く見かけません。
なので抜かれることも無かったので、気分はマシやったんですけどね。
途中、やっぱり気持ちがくじけたので激坂コースを避けてサイクリングコースに戻ります。

でも、サイクリングコースに戻ってからは脚は絶好調。
平地やととたんに元気になるなんて「げんきん」やなぁ(苦笑)
ほぼ無風状態で、時折40km台をキープしつつ北上。
曇り空ながら、気温が高いせいか、サイクリングロードではローディー多数。
みんな走るん好きやねぇ(ヲレもか)

途中のN公園でリカバリー走行を経て修行走は終了です。

今日はステムを変えて走った最初の日。
違和感はなく、むしろポジションは楽になったので良かった。
って、疲労だけは溜まりましたがね(汗)

軽量ホイールやともっと登り楽なんやろなぁ・・・

2006/02/18 (Sat) ようやくの休みですが走ります
3週間ぶりの休みですよ。
ゆっくり寝てればよいものの、
脚がウズウズ、ICEです。

今日もいつもの通り東を目指す。
この3週間、全く走っていなかったワケではなく、
たまの自転車通勤や、深夜に30分程乗ったりして、
脚だけは休めずにおりました。
なので、比較的脚は軽く回って良い感じ。

ICEもローディーの端くれ。
調子がよい=峠に行こう!と思うのが普通です。(普通?)

いつものサイクリングコースの終点からR309に入り、
葛木山と金剛山の間を抜ける峠道を時速20km以下でえっちらおっちら、
坂道の斜度を呪いながら登ります。

生駒山系の峠道から比べると、斜度は緩いが距離は長く、
走り終えた後に、ドバッと疲労が来るタイプの道なのですが、
個人的には好きな道であります。

随分と時間をかけ(タイム測るの忘れた。多分45分位?)
奈良県側に抜けます。

大阪側より随分と斜度がキツイ下りを慎重に通り、
R24沿いのコンビニで休憩後北上、比較的平坦だが交通量の有るR165を通って大阪側に。
そしていつものサイクリングコースに戻ります。

この季節にしたら風も弱く気温も比較的温かかったので、
寒さに体力をへずられる事無く、無事修行走終了とあいなりました。

帰宅後、ウエアの洗濯と車体のメンテを済ませたのち、
ステムを変えるべく、自転車ショップA店へ。

で、どうやら希望の長さのステムは実入荷。
あらら(汗) 台湾メーカーしっかり働けよ!
でも、色々サイズを見直して、結果2cm延ばすことに。
このサイズなら在庫有りとの事だったので、即交換。

試乗すると、肩のあたりの窮屈感もなくなり乗りやすい。
約1年乗った結果、体が前傾姿勢に慣れたんでしょう。

ついでと言ってはなんやけど、コンポの多段化と軽量ホイールの相談もする。
最近すっかり坂を登る事が多くなってきたので、
さらに早く登りたいやん?

と、言い訳を作り前向きに交換してみることに。
まだ、細部を詰めないといけないので交換はまだ先ですが、
フフフ・・・ また楽しみが増えてきた土曜日でした。

2006/02/17 (Fri) 放置自転車はおしおきよ!
自転車ネタ話。

「チャリ・エンジェルズ」

今流行のご当地ヒーロー、つーかヒロインですね。
地道な活動みたいですが、ご本人達は真面目に活動している様子。

いつの日か「LOVE JETS」との共演を期待しています(笑)

2006/02/14 (Tue) 走って帰ろう!
最近、全然距離を走っていないICEです。
多くても通勤往復30km・・・
今週末こそまとめて走りたいゾ!

とまぁ、そんなはやる心を和ませる、
世にも希な自転車レースが題材のライトノベルをご紹介。

「走って帰ろう」 加藤 聡:著/ファミ通文庫
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/475772599X/503-5673183-6971915

漫画だけでなくライトノベル界にも自転車物(ロード)がでてきましたよ。

ちょろっと感想を申しますと、
この作者、かなりクリテリウム(同じコースを周回するレース(主に平坦な一般道:距離短め))の描写に詳しく、もしかしたら現役レーサーの方かも知れません。
なので、臨場感がちゃんと伝わります。
レース物のは「臨場感」が大事ですもんね。

はたしてローディー必読の本になるか!?

プロフィール

FJT1968

Author:FJT1968
1968年式/旧型エンヂン搭載、グラフィックデザイナー。まだまだ頑張ります。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。